coffee

小難しい内容を語ってみた。

更新日:

TO BE KOFFEEでも需要が高まっている「カフェインレスコーヒー」。

デカフェとも呼ばれてますね。

厳密にはカフェインの除去率で呼称が変わりますが、日本では主に同義で扱われてます。

画像は「ウォータープロセス」と「液体二酸化炭素抽出法」でカフェイン除去された生豆。

ウォータープロセス

ウォータープロセス

二酸化炭素抽出法

二酸化炭素抽出法

カフェインレスコーヒーって全部一緒だと思ってたでしょ。

違うんですよ。

色も違うし、手触りも違うし、匂いも違うし、しわくちゃ具合も…もう全部違う。

となれば、仮に豆が同じでも当然別々の味。

除去方法の詳しい説明は、他サイトや本でもされているので割愛しますが、すごーくざっくり簡単に言うと

  • ウォータープロセス:濾過の仕組みを利用してカフェインを除去する方法。
  • 液体二酸化炭素抽出法:生豆に圧を加えてカフェインを除去する方法。

そんな感じ。

間違えてたらごめんなさい。

で、ここからは完全に主観。

ウォータープロセスの味わいは、やはりどこか肝心な風味まで抜けている気がして、カフェイン有りコーヒーが好きな方には物足りないのかなという印象。

対して、液体二酸化炭素抽出法は、「ここまで技術が進んだのか」と思わずにはいられないカフェイン有る感。

個人的な好みはこっち。

じゃあ液体二酸化炭素抽出法がいいのかい?

と聞かれれば、そういう訳でもないかなと。

ウォータープロセスは優しい滑らかさが落ち着きをもたらしますし。

要するには、色々なコーヒーがあって楽しみ方もいーっぱいあるってことです。

十人十色。

人生色々。

以上、カフェインレスの除去所感についてでした。

カフェインレスについて、今後も発信していきまーす。

-coffee
-,

Copyright© TO BE KOFFEE , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.